2014年11月11日

甲手から見る『握り』考

『甲手を見るとその人の剣風がわかる』
とおっしゃる方がいます

仕事柄いろいろお預かりするんですね

E28E96C2-60CC-43FC-8A5D-328F50EEEB2B.jpg
どんな風に握っているか はよくわかりますね
それと、手首の柔らかさ
修理でのお預かりですからある程度の期間お使いになってるのに、手首が固まってる甲手もあります
柔らかい甲手をお使いの方は返し技が得意なのかな?などと思いながら修理します

さて本題
最近少し悩んでます

BA9EDF66-435C-43B6-BE16-6AA28D8E193E.jpg
F873B1FC-FE18-4AE7-9497-2A7D81CDDE0D.jpg
一般的にはこのように握るよう指導されていると思います
ところが時々
C347C011-1C0A-4A93-91BD-BB4C84B1EAB7.jpg
このように握っているのかな?と思う甲手が

この場合、手の内はどう付ければいいのか

私は上の写真のように握れるよう手の内を付けてます

『使いやすいように直す』
この観点で考えると、、、

お預かりした甲手のままに直す
うーん悩ましい







posted by 敏さん at 15:04| Comment(0) | 剣道具のこと 甲手の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。