2014年11月11日

甲手から見る『握り』考

『甲手を見るとその人の剣風がわかる』
とおっしゃる方がいます

仕事柄いろいろお預かりするんですね

E28E96C2-60CC-43FC-8A5D-328F50EEEB2B.jpg
どんな風に握っているか はよくわかりますね
それと、手首の柔らかさ
修理でのお預かりですからある程度の期間お使いになってるのに、手首が固まってる甲手もあります
柔らかい甲手をお使いの方は返し技が得意なのかな?などと思いながら修理します

さて本題
最近少し悩んでます

BA9EDF66-435C-43B6-BE16-6AA28D8E193E.jpg
F873B1FC-FE18-4AE7-9497-2A7D81CDDE0D.jpg
一般的にはこのように握るよう指導されていると思います
ところが時々
C347C011-1C0A-4A93-91BD-BB4C84B1EAB7.jpg
このように握っているのかな?と思う甲手が

この場合、手の内はどう付ければいいのか

私は上の写真のように握れるよう手の内を付けてます

『使いやすいように直す』
この観点で考えると、、、

お預かりした甲手のままに直す
うーん悩ましい







posted by 敏さん at 15:04| Comment(0) | 剣道具のこと 甲手の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

剣道具 防具?試合用のウェア?

皆さんあまりご存知ないかと思いますが、私武道具屋さんやってます。

元々剣道、いや剣術の稽古は素面素小手に木刀で行われていました。
最悪の場合死者が出ることも、、、
もちろん当時は形稽古だったと記憶してますが、、、
安心して打ち込めるように『袋竹刀』や『防具』が工夫されて、より実戦的な稽古が出来るようになったと、これも記憶してます。

打突の痛みを軽減するからこそ『防具』と呼ばれていると理解してるんですが(苦笑)
※もっと詳しく知りたい方は某センセのブログをご参照ください!(笑)


さて、実戦用と呼ばれるモノが出始めてしばらく経ちましたね。

『軽い、柔らかい、着けている感じがしない』

素晴らしいですよね!
私も試しで一組使ってみることに。

初めての稽古は母校。
相手は大学生。
基本打ちの小手を一本受けた瞬間、竹刀から右手が離れちゃいました。
痛いの何の(>_<)
その小手がコレ


実戦用と呼ばれるモノ全てを試したら訳じゃないですけど、、、

試合、特にトーナメント戦なら小手2回打たれたら敗けで終わりです。
まあ耐えられますかね!?
私は基本打ち、特に小手打ちは受けたくありません(涙)

販売店さんも「これは試合(実戦)用です」と説明されてると思いますが。

でも、使いやすい!と感じたら普段の稽古でも使いたくなっちゃいますよね。
ましてや『試合用』『稽古用』と分けて持ってらっしゃない方の場合は、、、

ちなみに私が普段使ってる小手です。


曲げられません!

仕事柄、ご依頼があれば準備せざるを得ませんが、これはなかなかのジレンマです。

ご購入の際は武道具屋さんと十分お話をしていただければと思いますm(__)m

【余談】
審査に向けての講習会、稽古会に普段の稽古用で参加される方がよくいらっしゃいますね。
その剣道着、袴、剣道具で審査を受けられるんですか?
「これは講習会で本番じゃないから」

是非本番のつもりで臨んで下さい!
積み重ねですよ!



この話を友人としたところ、、、
posted by 敏さん at 15:53| Comment(0) | 剣道具のこと 甲手の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

甲手リノベーション第5弾?

大阪の歯科医師T.I様のご依頼。

まずは診断して!と送っていただきました。


修理が必要なところ

親指部分の穴


縁革


頭と布団の結合部


甲手紐


診断結果は『軽傷』です。
必要な修理だけであれば大がかりなものではないことをお伝えし打ち合わせ。
リノベーションさせていただくこととなりました。

手の内の張り替え
今の手の内を外します。


その後指先部に当て布

これは補強の意味もありますか、長く使っていると中の鹿毛が固まり指先が小さくなったものを、ほぐし広げる意味もあります。


さて、何色の千鳥を飛ばそうか?
ご本人様の宗教上の理由により『ジャ〇アンツ』カラーであるオレンジ系だけはNGとのこと。
そこで浮かんだのが歯医者さんだけに、♪♪白い歯っていいなぁ、、、というCM。
よし!白千鳥にしよう(笑)

さて、最後の化粧直しで作業終了です!


甲手紐は通常のモノを使いました。



今回は見た目の派手さを抑えました。
能州武道具が張り替えた手の内を感じていただければ!

T.I様ありがとうございます。
是非お使いいただいた感想をお聞かせ下さい。
posted by 敏さん at 18:49| Comment(2) | 剣道具のこと 甲手の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

第4弾完成!

甲手リノベーション4組目が出来上がりました!


今回のご依頼者は神戸市のA.N様。
前回ご依頼いただいたI.T様と同じ道場の方で、現物をご覧になってお声をかけて下さいました。
ありがとうございます。

お預かりした甲手です。


打ち合わせでのご要望。
・縁は茶のクラリーノ
・甲手紐の色を赤
そこで単色赤ではなく"キラキラ入り"を提案。


ちょっとX'masっぽいイメージになってませんか!?(笑)

今回から私が責任を持って作り替えた証を残させていただきました。




posted by 敏さん at 16:45| Comment(0) | 剣道具のこと 甲手の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

第3弾です!

甲手リノベーション

今回のご依頼は神戸のI.T様
なんと新品をお預かりしました。


事前にザイルロープ(登山用?)を甲手紐に使えないか?とのお問い合わせをいただいたのですが、なんと届いた甲手と一緒にロープが、、、(驚)

面白いアイディアです。

ついついこちらも試してみたかったことにチャレンジしてしまいました。
通常『紺色』の縁革を茶色のクラリーノに変えてしまいました。


とてもインパクトのある甲手が出来上がりました!


写真でご覧いただいたところ、「世界にひとつだけのコテ」と喜んでいただけました。
私も楽しませていただきました!!!

I.T様ありがとうございました☆
posted by 敏さん at 00:35| Comment(0) | 剣道具のこと 甲手の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。