2013年03月02日

むね、ムネ、胸 胴胸


前回は胴台の話でした。

今回は以前サンプルとして作った胸の写真を見つけたので
革は型押クロザン
縁も返さず切りっぱなしです。




S字ベースの飾り
白刺しと赤糸で麻の葉
白刺しはアラが目立ちますね。
丁寧さが足りませんでした。




同じくS字ベースの飾り
糸で刺すのではなく、革で編み込む様に作ってみました。
編み込みの上下左右のバランスが悪いですね。
下段は紺反に家紋を刺繍したものを挟み込んでます。

これらの胸今どうなってるんでしょうか???




最後は今稽古で使ってるもの。
革は手揉みクロザンで返し縁
本来はキチッと目打ちして刺さないといけないんですが、良く言うとランダムに、ハッキリ言えば適当に刺してしまいました。
飾り糸も途中で在庫切れ
糸の色が変わってます。
自分が使うんだからいいか、って感じですね。
笹の葉をイメージした模様を入れています。
緑色の糸がなく、ある方からは「アヒルの足跡?」と笑われましたけど。
posted by 敏さん at 14:37| Comment(0) | 剣道具のこと 胴の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

胴の色は、、、

ここ最近久しぶりに黒胴使ってます。


竹胴は三枚持ってますが、残りの二枚はいわゆる生地胴です。

高校時代、地元の先生数名が生地胴を使ってて『いつかはクラウン』ならぬ『いつかは生地胴』と憧れてました。

社会人になり初ボーナスで購入!
嬉しかったですねー♪

ただ、その胴は広がり過ぎてバランス悪くなっちゃいました。
広目の生地胴を探してた友人とトレードしたのがこの黒胴です(笑)

そのあと手に入れたのがこれ!

最近生地胴と言うとこのタイプですね。
私の感覚ではこれは『拭き漆塗り胴』なんですけどね。

やはり『生地胴』が欲しいーーー
と言うことで、、、

なんにも加工してない本当の生地。
これは胸も自分で作ったものです。


そして使い込むと『藍』の色、『打たれた傷』全てが『味』となって二つとない自分だけの胴に育ってきてます♪

やっぱり生地、好きですねぇー(⌒‐⌒)
posted by 敏さん at 12:19| Comment(0) | 剣道具のこと 胴の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

胴修理

今回のご依頼は神奈川県のY.H様
お預かりした胴は高校生の時(25年位前ですか?)に購入し、今ではお母様の形見となっている物とのことでした。
※お預かりした時の写真撮り忘れてました
(-_-;)


修理内容は

胸の縁革の糸切れ3ヶ所

胴台下部綴じ革の擦りきれ



まずは胸縁革の縫い止め


続いて胴縁の綴じ直し



仕上げは漆塗料での化粧直し


胸、胴台ともにしっかりしていて、状態はとても良好です!
まだまだ『荒稽古』にも耐えられますよ
(* ̄ー ̄)ニヤリ

神奈川県Y.H様
ご依頼ありがとうございました。
posted by 敏さん at 21:35| Comment(0) | 剣道具のこと 胴の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

胴の胸交換

「胸がボロボロなんだけど直せるかなあ?」
こんなお問い合わせをいただきました。
「胴台も歪んでるんで、見て判断して!」とのこと。


ちょっと直せる状態じゃないです。
でも胴台は、弛んでないので使えますね。

手持ちの胸を提案。


了解を頂いたので早速作業開始。


いかがでしょうか?まだまだ現役で活躍出来ますよ!!
posted by 敏さん at 17:29| Comment(2) | 剣道具のこと 胴の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。